ニュース&トピックス

2011.10.21

クスノキの大規模剪定を予定しています。

10月31日(月)から2週間程度の予定で東側及び北側のクスノキの大規模剪定を実施します。現在、20m程度の樹高ですが、これを15m程度まで下げる剪定を実施します。 

 岩田学園を取り囲むおよそ200本のクスノキは青々と茂り、炎天下のグラウンドに木陰を提供し、屋外で活動する生徒にとっては『オアシス』ともいえる存在です。しかし、この豊かな緑も地域住民の方々にとっては、冬場には日が当たらない、大量の落ち葉で樋が詰まる、いくら掃除してもきれいにならない・・・・といった、生活障害ももたらしています。

 地域の方々は「緑の保全」は必要なことであり、守らなければならないとの理解はあります。しかし、個人レベルで毎日の生活を考えると、「目に見える生活障害は、除去するしかない。木を切ることしかない」という意見も出てきます。学園としては、今後も定期的に話し合いの場を持ち、地域の方々の苦悩も汲みながら、クスノキを守っていくよう努めてまいります。